KDDIの3G通信サービス「CDMA 1X WIN」がまもなく終了

当サイトは広告・アフィリエイトプログラムにより収益を得ています。

2022年3月31日、KDDIが3Gを停波し、通信サービス「CDMA 1X WIN」のサービスを終了します。

目次

2022年3月31日に3Gサービス終了

サービスが終了すると、以下の端末は利用できなくなります。

  • au 3G携帯電話
  • au 3Gスマートフォン
  • au VoLTE非対応の4Gスマートフォン
  • UQモバイル VoLTE非対応スマートフォン、SIMカード

このほか、一部のデータ通信端末・モバイルルーターも利用できなくなります。対象端末の全リストはKDDIのホームページで確認できます。

テレビなどでは「ガラケーが使えなくなる」という一部報道もありますが、au VoLTEに対応しているガラケー(いわゆる「ガラホ」)であれば、引き続き4月以降も利用できます。

早めに機種変更を

対象の端末を利用しているユーザーへは、電話・Cメール・DM・自宅訪問などで、4Gまたは5G端末への機種変更を促しています。

3Gサービス終了ユーザーを対象に、限定の割引サービスがあります。終了間近になると混雑したり、希望の端末が品切れになっていたりすることも予想できるので、お早めに。

なお、多くのauショップ/au Styleは予約制となっており、予約がない場合は長時間待つ可能性もあるので、事前予約をおすすめします。

ソフトバンク、NTTドコモも3G停波控える

KDDI(au)が3キャリアの先陣を切って3Gサービスを終了しますが、今後、ソフトバンクやNTTドコモでも3Gサービスを終了します。

ソフトバンク(ワイモバイルを含む)は2024年1月下旬に、NTTドコモは2026年3月31日に終了予定です。

なお、NTTドコモは2022年1月より、3G(FOMA)の2GHz帯の一部エリアで順次停波し、800MHz(FOMAプラスエリア)のみでの運用になります。

それに伴い、2001年から2006年にかけて発売した「FOMAプラスエリア非対応」の機種を利用中のユーザーは、2022年1月から一部のエリアで通話・通信が利用できなくなります。

この記事をシェアする
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次